キャンペーン

噂の?ANA Care Promiseを体験してみた!

新型コロナウイルス感染拡大からの脱却が見いだせない中、社会全体が新しい生活様式を模索しています。人的交流や経済活動の基盤とも言える交通機関でも、いろんな取り組みが行われています。ANAが取り組む「ANA Care Promise」を実際に体験する機会がありましたので、ご紹介しますね。

▽そもそも「ANA Care Promise」ってなに?

いや、突然「プロミス」って言われると別の会社を想像してしまうご貴兄も多いかも?? 今回のANAの取り組みはひと言で表現すると「空の旅の新しいスタンダード」。これは、ANAのみならず、利用者する私たち側も力を合わせて行く必要があるのです。

「空港でチェックインする際」「機内に乗り込む際」「機内での過ごし方」そして「降りる際」。私たち自身が、ほんとちょっとこれまでの方法を工夫するだけでも、感染拡大防止への礎になるのではないか、そんな取り組みと言えそうです。

気になった方、詳細はこちらのANA Care Promise ご覧下さい!」

 

 

 

▽で、機内はどうなったの?

さて機内に乗り込みましょう。マスク姿のCAさんの出迎えを受けながら着席すると、なんか寂しい気が・・

そう!機内誌が座席ポケットにないのです・・。「えぇ!あの、お弁当企画が読めないのか?」「ジオラマ写真見たい~」という方々、さぞお嘆きでしょうね~

 

 

 

でもでも、ご心配なく。機内WIFIでしっかりバックナンバーまで読めるのです!おまけに、紙面に掲載しきれないトッピックをまとめたオマケ企画まで! 慣れれば、手元のスマホでサクサク読めるので、結構快適かも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽絶対オススメなのは意外なこれ!

機内では「アルコールシート」も配布しています。これが絶対オススメなのです!


本来は、お手ふきとしての使用や座席周辺を、念のため拭きたい人のために配布されているようです。

でも、よくある「パサパサ」では無く、かなり潤いが豊富!しかも、何回拭いても生地がボロボロになりにくいのです(あくまで筆者の個人的感想です)

到着地で、例えばレンタカーのハンドルがちょっと気になるとき、宿泊先でテレビリモコンを念のため拭きたいとき、このアルコールシートがかなり役立ちます。(航空機外での用途でANAさんすみません・・)

▽新しい世界様式に向けてみんなで力を!

先が見えぬ現下の情勢。不安もいっぱいありますよね。でも、私たち自身がほんの少し工夫を重ねるだけでも、きっと大きな力となるに違いありません。世界、そして日本の美しい空を、いままでの以上の笑顔で旅したい!そんな日が必ず戻ることを信じています!

パイロットの豪雨災害支援クラウドファンディング

ANAのクラウドファンディング「WonderFly」で
ANAパイロットの有志のメンバーが、2020年7月に九州地方を中心に発生した豪雨災害で被災された方々の力になりたいとの思いから、クライドファンディングに参加しました。

現地のボランティアに参加できない中、何かできないかと悩み、始めたそうです。
航空教室など工夫した返礼品が紹介されています。

ぜひ参加してみませんか?

●紹介ビデオはこちら
https://youtu.be/erT9AYu0wYY

 

●クラウドファンディングのページはこちら
https://wonderfly.ana.co.jp/cf/ideas/972

A380ホヌ チャーター第二弾 応募8月28日10時まで

8月22日に実施したA380 フライングホヌのチャーターフライトは大好評で終わったようです。応募倍率は150倍と報道されています。

次のフライトは9月20日です。申し込みは8月28日10時までで

ANAのA380「FLYING HONU」2号機

ハワイに行けない状況が続いてます。
チャーターに乗ってハワイ気分を味わいたいですね!

ファーストクラスが5万円で体験できるのもお得です。

フライトの様子(ANAホームページより)
https://www.anahd.co.jp/group/pr/snapshot/20200822.html

●申し込みサイト(ANAホームページへ)

以下のバナーから申込サイトへ遷移します。

 

ANA、対象者限定の衝撃的なキャンペーンを展開

ANAから近年にないキャンペーンが展開されているようなので、その内容をまとめてみました。

一部のプレミアムメンバー向け?対象者限定キャンペーン

対象者限定のキャンペーンバナー

対象者限定のキャンペーンバナー

対象者限定キャンペーン

2019年12月中旬、ANAは対象者限定キャンペーンを開始しました。メールやマイキャンペーンなどでしか表示されておらず、対象者も少ないのか、SNSでも取り上げている方もいますが、盛り上がり度合いがよくわからない感じです。
が、このキャンペーン、かなりハードルが高いのですが、通常のステータス保有だけでは得られないもののようです。

対象者

冒頭にも記載した通り、対象者限定と書かれているため、対象者の範囲はわかりませんが、キャンペーンページ内に”通常の「ダイヤモンドサービス」に加え、以下の特典をお受け取りいただけます。”と記載があるため、少なくとも2019年のダイヤモンドメンバーや2020年にダイヤモンドメンバー基準に到達した方が選ばれているのではと思います。

キャンペーン内容

今回のキャンペーンは2つあり、条件をクリアした人は、通常の「ダイヤモンドサービス」に加え、二つの特典が付与されます。

特典内容①:マイルからANA SKY コインへ特別交換倍率2.0倍のボーナスコインをプレゼント

達成条件は後ほどふれますが、条件をクリアした方は、通常ANAマイルからSKYコインへの交換倍率は最大1.7倍となっているところ、実質2倍になるというもの。SKYコインの前身となるeクーポンという名前で運用されていた時代に、ダイヤモンド会員向けに期間限定で同じ2倍の交換倍率でキャンペーンをやっていたこともありました。

ただし、注意が必要なのは例えば20,000マイルをSKYコインに交換すると直接40,000SKYコインになるわけではなく、交換した翌月末に”差分”のSKYコインを付与するというもの。一次的ではありますが、1.7倍の交換レートに変わりないことに注意が必要です。

特典1:マイルからANA SKY コインへ特別交換倍率2.0倍のボーナスコインをプレゼント

 

特典内容②:ANAカードファミリーマイルに登録のご家族へ「ダイヤモンドサービス」ステイタスをプレゼント

ANAのファミリーマイルに登録している家族会員1名を2021年度ダイヤモンドメンバーにするというもの。ANAで今までこの類のキャンペーンはなかったように思います。よく考えると、会員向けのアンケートなどで家族向けにステータスを付与するなどの回答項目がありましたので、増加しているプレミアムメンバー向けに差別化を図ったのかもしれません。

また、ここでも注意が必要なのがあくまでも、ダイヤモンドメンバーのステイタスを付与するのみなので、アップグレードポイントなどは対象外となる点です。

特典内容2:ANAカードファミリーマイルに登録のご家族へ「ダイヤモンドサービス」ステイタスをプレゼント

達成条件

このキャンペーンの達成条件は3つあり、以下の条件3つをすべて満たした方と記載があります。

キャンペーン達成条件

条件1:ANAグループ運航便ご利用による2020年獲得プレミアムポイントが15万ポイント以上

これは、ダイヤモンドステイタスの基準である100,000プレミアムポイントをさらに50,000ポイント追加で貯めることでクリアできます。これは従来からある、150,000プレミアムポイントを達成するとダイヤモンドカットのネームタグやステイタスカードと似たバゲージタグがプレゼントされるのと同じなので、達成できる人はそれなりにいるのでは?と思われます。

ただ、ハードルが高いのは確かで150,000プレミアムポイントというのは東京と福岡をビジネスきっぷで毎週往復して達成できるレベル(札幌だと若干足りません)なので、達成できなくはないですが、ハードルは高いでしょう。

※注意事項:本キャンペーンの対象となるフライトマイルの事後登録は、2021年1月31日23:59<積算分(日本時間)>まで。

条件2:ANAゴールドカードまたはANAカード プレミアム(スーパーフライヤーズ ゴールドカード、スーパーフライヤーズカード プレミアム含む)でのご利用金額が500万円以上

正直、これはかなりハードルが高いですね。年間500万円というと、毎月約42万円の決済が必要ということになります。対象期間は2019年12月16日から2020年12月15日までということなので、クレジットカードのステージ判定期間と連動している感じですね。

ちなみに、条件1でふれた東京と福岡をANAカード決済のビジネスきっぷで毎週往復購入したとしても、360~370万円くらいなので、あと130~140万円の決済が必要になります。とはいっても、これは出張を自分で手配して経費精算している人の話で、会社によっては専門の部署が手配してくれたりするケースもあるので、条件1と比べてもかなりハードルが高いのは確かでしょう。

また、注意事項に”対象カードを複数枚お持ちの場合、いずれか1枚でご利用金額条件を達成してください。異なるANAカードのご利用金額の合算はいたしません。”と記載があるので、複数枚での合計では達成とならないとのこと。(家族カードは本会員に集約されるため対象)

条件3:本キャンペーンの参加登録

これはキャンペーンが表示されている人なら登録は問題ないでしょうから、期間内に登録しておけば条件を満たします。

 

最後に

2019年末に今までにないキャンペーンを打ち出してきたANA。恐らく、今回のキャンペーンでどの程度の会員が条件をクリアして、どのような特典ならば会員がよりANA便に搭乗してくれるのかを検討した結果、まずは第一弾として打ち出してきたのでは、と思います。2020年の12月に同様のキャンペーンがくるかどうかはわかりませんが、次回はまた違った特典でキャンペーンを打ち出してくることでしょう。2020年のANAは新規就航する路線もあれば、東京オリンピックの開催など、話題盛りだくさんになりそうですが、キャンペーンやイベントなどもありそうなので、定期的にキャンペーンページをのぞいてみるとよいかもしれません。